2017.07 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 2017.09

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


思い出した話

2007.07.04 Wed
今日ふと思い出した嫌な事。

同居をし始めた頃、娘はまだ生後1ヶ月。
ちょうど農閑期だったので
食事の準備等、家の事はババ様がやってくれていた。
ご飯の時意外はずっと2階に引きこもりだった私。
初めての子育てで一杯一杯だったし。

夕飯の時下へ降りていくと
娘もおなかが空いたようで泣き出した。
おっぱいをあげようと2階へ行こうとすると
オレ様が
「恥ずかしがってないで
 どこでもおっぱいあげなきゃだめだぞ。
 ここでおっぱいあげりゃいいじゃねえか。」

恥ずかしいんじゃねぇんだよ。
あなたの前でやるのが嫌なんだよ。
ほっといてくれよ。
(" ̄д ̄)けっ!

娘は小さく生まれたので
オッパイを吸う力が弱くて
授乳した後に必ず搾乳しないといけなかったんです。
まさかみんなの見てる前で
搾乳するわけにもいかないし
2階で一通り済ませていたのに。

当時は(まっ今もそうだけど)
あからさまに嫌な顔できなかったので
仕方なく授乳だけして
2階にいって搾乳してました。

理由も知らないのに余計な事ばっかり言って!

今もそうだけど
いきさつも知らず
自分の思った事を考えず口に出すから
周りの人を不快にさせてるオレ様。
自分の考えてる事
自分の言ってる事が一番正しいと思ってる。
どうにかならんかなぁ。
まっ関わらないのが一番の得策ですね。
スポンサーサイト


初めての対決

2007.04.23 Mon
さて今日は初めてオレ様にあった日の事を。

離婚して傷心に浸っていた私が
もうそろそろ誰かと一緒にいたいと思ったときに
ふと現れたのが今の旦那様

当時私は一人暮らしで旦那様は入り浸り
自宅へあんまり帰らなかったんです
再三旦那には家に帰ったほうがいいよと言ったんですが…

当然オレ様ご立腹
旦那が家に帰ったとき問い詰められたらしいんです
どこの馬の骨と一緒にいるんだって

旦那は馬鹿正直にすべてを話しましてね
少し年上であること
離婚歴があること
子供ができないかもしれない体だと言う事
すべて話ししたみたいで

当然お付き合い反対ですよ
でも旦那が猛抗議したら
一度家に連れてこいっ!って話になりまして

勇気を出してお宅訪問
なぜか夕飯の用意がしてありまして
焼肉なんぞジュージュー

今ならこの後マシンガントークが予想できるんですが
なにせ初めてだったので、オレ様よりババ様に
猛烈に気を使ってました

ちょっとジュージューした後いよいよオレ様の
ワンマンショー開催!

「なんで離婚したんだ?
 もうそっちの方は片付いてるんだろうな。
 どういうつもりで●●(旦那)と付き合ってるんだ?
 子供が出来にくいってどういう事だ?

 遊びでつきあってるなら別れてくれ。
 付き合うんだったら結婚を前提にだ。」

(○口○*) ポーカン

おえっ初対面にそれかよ
いきなりなんで離婚したのかかよ
なんで初めてあったあんたに
そんな話しなきゃなんないんだよ
病気の事まで詳しく話しするのかよ
話してわかってくれるのかよ
遊びならわざわざ家に来ないよ
もう結婚かよ!

と私の中でたくさんの突っ込みがありましたが
口にはできませんよd(-c_,-`。)ネッ

旦那は横で下向いてだんまりだし
だんまりかよっ!って。

ババ様も何も言わず…

何を答えたか今ではよく思い出せませんが
結婚するつもりですなんて
思っても居ないことを言ってしまい…
完敗ですよ、これ

家に戻ってきてから猛烈にむかついてきましてね
なんで失礼なんだ
どういう神経してんだってね

後からわかったことですが
近所で年上のバツイチの奥さんをもらった同姓が
結局半年で奥さん出て行ってしまったみたいで
うちもそうなったら世間体が悪いって事だったらしいです

よっぽどお前のオレ様ブリの方が
世間体悪いつーの

思い出したら腹立ってきたぁぁぁぁぁ


 


千昌夫

2007.04.16 Mon
これも過去の話
まだ別居してた頃の話です

仕事を終えて家でまったりしてると
電話のベルの音が…
見ると「旦那実家」の表示

でたくない…

居留守を使った所で
またかかって来るので出る

ババ様からだった

「ひまんちょさん、日曜日夜あいてる?」

「はい、今のところ予定ありませんが…」

「コンサートのチケットもらったんだけど
 お父さん会合があって行けないっていうから
 お父さんがね、ひまんちょさんと
 行けばいいっていうから」


「えっと…誰のコンサートですか?」

「千昌夫なんだけどね。」

千昌夫!

千昌夫っておでこにほくろがある人ですよね
しらかば~♪って人ですよね?
なぜ、千昌夫
そしてなぜ私が千昌夫!

「行かないとチケット無駄になっちゃうからどう?」

もう断る理由も浮かんできません
結局千昌夫一緒に行くことにしました

行って見たものの
しらかば~♪って曲しかわからないし
周りはお年寄りばっかりだし
眠くなるし
ちょっと居眠りしたし
帰ってきたらオレ様のマシンガントークに付き合わされたし
こんなことなら1人家でまったりしてた方が
よっぽど有意義な時間だったよ

でもバシッと断れないんですよね
断って付き合いの悪い嫁だって思われたら嫌だし
バシッと断れたらいいのに
NOと言える嫁になりたいと思っていたのに
今でもNOといえない嫁継続中


たこわさび

2007.04.11 Wed
結婚したその年の冬
ババ様が入院の為、プチ同居をした時の話

普段そこにある灰皿もとらないオレ様
当然ババ様が居ないと何も出来ない
当然誰かが面倒をみないといけない

そこで嫁が家政婦として急遽動員されたわけでして

この時はまだ私も勤めていたし
一日中一緒に居たわけじゃなかったので
今ほどオレ様と居るのが苦ではなかった
オレ様も比較的自分で出来ることはしてくれたのである

入院する前ババ様は冷蔵庫に買い置きを沢山していった
すぐ食べれるようなお惣菜やらもろもろ

その中にたこわさびがあった

それに気づいた時は賞味期限が切れてから
なんと2週間後

賞味期限が切れたことに気づいた次の日
会社から帰ってきたら
オレ様がたこわさびを食べていた…

オロオロ(゜ロ゜;))((;゜ロ゜)オロオロ

どうしよう
これもうとっくに賞味期限切れてるのに
食べてるよ
今まさに目の前で食べてるよ

言うべきか、言わないべきか

でもお腹壊したら困るから
意を決して言いました
 
「お義父さん、それ賞味期限切れてます!」

するとオレ様、賞味期限を確認

「まだ2週間しかたってねぇな
 大丈夫だ、食えるぞ。
 食べるか?」

ёё≡ Σ(▽ |||) エェェェッ!

しか?

しかですか?

もですよ!!

二週間も!!


私はムリです
絶対にムリです
それ生ものですよ
いくらわさびが入っていても
生ものですよ!

その後お腹を壊した様子もなく
さすがオレ様だと思った

同居して一年
今思う

常に2週間は当たり前だったんだなと
普通卵とか一ヶ月近く賞味期限が過ぎていても
普通に食べている
私は絶対に食べませんがね。

子供には絶対間違っても食べさせないように
気をつけてないと!

冷蔵庫買い換えないかな。
そうすれば一気に捨てられるのに…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。